ランブレッタ修理

LAMBRETTA DL125を5速ギアーへ改造

2014年10月23日 22:02

DL125の登場です。
このまま乗るにはチョットなーと言った感じですが、ベースにするなら充分な車輌です。
これをスペシャルなDLを仕上げて行く予定です。

エンジンは125のモノを使用せずに、200のケースを用意致しました。
そのケースにジャングルスクーターさんで販売されている、5速のギアーを組み込みます。
GP/DLはギアーセレクターロッドが一体式ですので考え無しに抜いてしまうと、後で泣きを見ます。

そこでロッドを抜く前には、ポンチ等でマーキングしておくと良いでしょう。
この写真ですとマーキングが見え難いですですが・・・・・

5速ギアーはすんなり収まってしまいました、体外この手のモノは組み込む時に苦労するものですが
作りが良いのでしょう。ギアーボックスのナットはトルク管理を怠らずにしっかり締めましょう。

アッパーのチェーンガイドはMBDのチェーンスライダーを使用します。
この部品はノーマルのガイドに比べて値段は高いですが、信頼性もありオススメです。

セレクターロッド、ギアー、クラッチアジャスターブロックもMBD製に変更します。
DL/GPのギアーボックスのカバーは、キックシャフトのガイドも兼ねています。

SER1.2.3はこの様にガイドは付いていません。
このモデルのキックシャフトガイドはクランクケースに付いているのです。
クランクケースはウェットブラスト処理をしてあります。

フライホイールはCDI、12Vのモノに変更。インテークマニホールドも
KEIHINのキャブレターにするためMBD製に変更します。

排気量は200CCのままですが、給排気を変更する予定ですので、
5速ギアーと相まってどんな走りをするのか今から楽しみです。

元々DL125はドラムブレーキですが、この車両にはアウトボードのディスクブレーキ装着します。
MBD製のアウトボードディスクは作りの良さには定評があり、
オリジナルのメーターをそのまま使用出来るのも特徴です。

ディスクブレーキの場合、マスターシリンダーを何処に取り付けるかで悩みます。
ハンドルに専用サポートを取り付けマスターを固定するのが定番ですが、
ハンドル廻りが派手になってしまうのが難点です。

そこでレッグシールドにツールボックスを取り付けその中にマスターシリンダを持ってくる事にしました。
板金の段階で位置決めをし、専用のステーも製作しました。

ちなみにフロントボックスは、VESPAのスモールボディー用を板金して使用しています。
ランブレッタ用フロントボックスもあるのですが、どうしても手に入らなかったので・・・・・

当然、フロントフォークはO/Hします。写真に写っている部品は今回新品に交換する部品です。
フロントフォークリンクはディスク用のモノが無かったので、ドラムブレーキ用のモノを加工して使います。

ブレーキローターは取り付け位置が指定されています。
ポンチ等でしるしを付けておかないと、塗装すると解らなくなってしまう場合があるので注意!
また、ローターとドラムの間に入っている薄いプレートの位置も指定があるので重ねて注意!

ガソリンタンクの蓋は、平行ピンを入れ左右を潰し抜けるのを防ぎます。
ツールボックスの蓋は、ボックスを取り付ける前に取り付けを行うと楽です。

フライホイールはCDI、12Vキットを使用。
レギュレーターとイグナイターはこの位置に持ってくると目立たずスッキリします。

フレーム廻りの取り付け順序お勧めコース。

1) ツールボックスの蓋
2) ガソリンタンク蓋
3) シート
4) シートキャッチ
5) リアフレームグリル、
6) リアフレームバッチ
7) リアフェンダー
8) ガソリンタンク
9) ツールボックス
10) エアークリーナボックス
11) エアースクープ
当店メカニックの勝手な思い込みの可能性大ですので、あくまでも参考までに。

フロント廻りはこんな感じです、ブレーキホースはステンレスですが、
ブラックのゴムカバーがしてあるモノにしてアウターの色と合わせてみました。
ステアリングダンパーは、インナーチューブがフレームに当たらない様長さを詰めてあります。
途中までワイヤーですので、油圧ブレーキ独特のカチッとした感じは無いですが、効きは十分です。

キャブレターはお約束のPE24です。
国産のキャブレターはジェット等ショートパーツの入手が楽ですのでお勧めです。
特にPEはメインジェットの交換の際、フロート室を外す必要が無いので、
セッティングを行う時には手間が無く非常に楽です。

リアサスはノーマルタイプのモノですが、スプリングをボディー同色に塗装、
マフラーはお客様のご指定の色で塗装しています。

5速ギアーですが、各ギアーの非常に繋がりが良く特にエンジンを回して走った時の加速感は、
ノーマルの4速ギアーでは経験出来ないものだと思います。
200ccのエンジンですと、プライマリーは80リンクで丁度良いのですが、
排気量を225ccあたりにして、82リンクでトップスピードを伸ばすなんて言うのも良いのではないでしょうか?

ボディーカラーはj50のグリーンをイメージとし、お客様と相談して作った色です。

関連記事

LAMBRETTA TV175 ser2 190ccアルミシリンダー換装
今回はLAMBRETTA TV175 ser2です。 この車両は、当店で在庫し...
LAMBRETTA SX 200 事故転倒車両を修理
今回ご紹介します車輌は、LAMBRETTA SX200(SPECIAL X 2...
LAMBRETTA DL125を5速ギアーへ改造
DL125の登場です。 このまま乗るにはチョットなーと言った感じですが、ベースに...
LAMBRETTA LI-125の車高を下げてみました
今回の車輌もはLI-125 Ser3です。個人売買で購入された車輌だそうですが、...
LAMBRETTA LI-125 Ser1 初期ロットFrameBreather
今回取り上げる車両はLi-125 Ser1です。しかし只のSer1ではありません...
LAMBRETTA DL200 ELECTRONIC軽めのオーバーホール
今回仕上げる車両はLAMBRETTA DL200です。 このままの状態でも十分味...

月別アーカイブ