ベスパ修理

VESPA 125(V30)いい加減な板金をやり直し

2014年10月22日 18:46

今回ご紹介する車輌は、当店の作業件数で1番多いV30~33です。
当初は良く有るレッグシールドのヒビ割れを直すだけの予定だったのですが
フロア等におかしな箇所が有り、思い切って塗装を剥がして見る事に・・・・

この年代の車輌はレッグシールドこの辺りに応力が掛かりやすいのかヒビ割れてくる車輌が多いようです。
ちなみに150GSはレッグシールドの裏に補強が入っていて対策がしてあります。

気になっていたフロアは、塗装を剥がすと案の定いい加減な板金が行われていました。
ちなみにヨーロッパで仕上げた車輌だそうですが、ヨーロッパでの仕上げもピンキリですので、
ヨーロッパでレストアしました!と言う触れ込みにあまり踊らされない方が良いと思います。

ボックス側のサイドパネルは1㎝程隙間があり、この部分も要板金箇所です。
細かい箇所もかなりやり直す必要が有りそうです・・・
汚く張られた鉄板を切除し、新たに板金製作した鉄板を張ることにします。

前方の2箇所のフロアリブは使用出来ないと判断したのでバッサリ剥がし、
製作したリブをスポット溶接で止めます。

エンジン側のパネルヒンジを取り外し、新たに部品を製作し取り付けます。

パネルのキャッチ部分を修正していきます。
ニードルの先端で指した部分が減っているのがお分かり頂けますでしょうか?
この部分が減ってしまうと、エンジン側パネルのガタや最悪の場合パネルが締まらなくなって
しまう場合もあります。レバーの修正をし、穴埋め等をし再利用します。

この箇所は、ブラインドリベットで止めている車輌も多いのが現状です。
しかもこの車輌にいたっては、パネル側の穴も拡大されていたので、
一度穴埋めしオリジナル通りに鉄リベット止めにします。

ライトケースはガタガタだったので、板金で修正します。
穴の空いていた、テール配線用のパイプは勿論交換します。パイプは銅で製作し、ロウ付けします。

レッグシールドの割れは、溶接しただけではまた割れが発生してしまうと判断しましたので、
特に腐食が酷く、鉄板自体がヤワになってしまっている部分を切除。
その後それに合わせた鉄板を張り溶接します。

フレーム後方もかなり酷い事になっていました。
以前溶接を行った跡等があったので、前回板金した際にも苦労した様子が伺えます。
しかし、結局キッチリと板金をせずに、ごまかしてしまった様です。
鉄板の腐りも酷いので、ココもバッサリ切り取ってしまいます。

ここもバッサリ切った部分を板金製作し溶接します。
サンドブラスト加工を掛けました。
これからパテ盛りを行います。

関連記事

VESPA 150GLを新品同様に再生する
150GLは同年代の150(VBB1)に比べ、 ピストン廻りの変更等でVBB1...
VESPA 150 SPRINTの初期型にP200エンジンを搭載!
SPRINTは大きく分けると2種類。ひとつは角目のヘッドライトを持つSPRINT...
VESPA150 VL2T フロントまわりとエンジンンを分解する方法
今回の車両はボディの状態は良さそうですが、本来あるはずの車体番号が無かったり、...
VESPA 150GS(VS-3) を板金で復活2
はいっ、フロアーです。これで泣かされた方は非常に多いのではないでしょうか。 言わ...
VESPA 150GS(VS-3) を板金で復活1
車輌は150GS VS-3でヨーロッパより輸入しました。 程度はお世辞にも綺麗と...
VESPA 125(V30)いい加減な板金をやり直し
今回ご紹介する車輌は、当店の作業件数で1番多いV30~33です。 当初は良く有る...
VESPA 50S スモールベスパをいじろう♪
外装はやれていますが、VESPAの弱点であるフロアーは穴あきなど無く、 ベース...
VESPA 160GS MK-1 あまり綺麗じゃない車両の方がベース車両に最適
ベース車輌は、当店で在庫していた車輌を使用いたします。 フロアは錆で穴が開いてい...
VESPA 150GS(VS-4)クラッチ修理、サスOH
150GSです。 分解前の車輌は大人の事情でご紹介出来ないのですが、 オーナー...

月別アーカイブ